子どもの写真保存と整理を仕組み化する方法

少し前に、子どもの写真、家族の写真整理についてまとめました。
子供の写真保存・整理術〜フォトブック・Google+を活用して赤ちゃん写真を完璧に残す方法

我ながらよくWEBサービスをうまく使ったやり方だと思っていて
しばらくはこの運用を続けたいと思いますが、
実際につくったアルバムも少しご紹介したいと思います。

家族のアルバムづくりは、最初が肝心

8541922252_96e986629b
photo credit: Baby or beer? via photopin (license)

iphoneやデジカメで写真を撮るようになってからは
たくさん撮影して選抜しつつも、まさかの「捨て写真」がないこと!!
いろんな表情をするので、同じアングルでも何枚も印刷したいと思うので選べません笑
出産後、すごいスピードでiphoneのカメラロールが満タンになり、
少しずつ写真を削りながら色々と調べて
何があっても写真がなくならない整理/保存方法をと、いきついたのがこの方法です。

実家にもたくさん昔の写真があり、何度も整理しましたが
量が多すぎる(嬉しいんですが・・・)ため、統一化は出来ておらず。
いつか、里帰りしたときにでも一気にまとめて実家の写真整理しようかしら。

子どもの写真アルバム整理の仕組みの詳細

【随時】
・家族写真は、基本私のiphoneか、愛用のNikonD40で撮影
・iphoneはGoogle+に随時自動アップロード
・Nikon D40は、月イチ旅行後に、1ヶ月分をまとめてPCにアップロードし、Google+に追加

※iphoheの容量はすぐいっぱいになってしまいますが、
WEBにアップロードされていて、必要なときはGoogle+からDL出来るので思い切って随時削除!

【3ヶ月ごと】
・3ヶ月分をまとめて、約200枚の写真を1冊のフォトブックに

【1年ごと】 ※予定
・1年間のアルバムから抜粋したとっておきの一軍写真のみを1冊のアルバム(ちょっと豪華)に
・1年分、約800枚程度の写真データを、CD-Rにバックアップ

これで、バックアップも含めてきちんとデータ残ります。

【バックアップ】
①Google+のクラウドフォルダ
写真の大きさによっては無制限

②フォトブックのサービスの注文履歴
サービスが存続する限り、無期限で注文履歴が残り、再注文も可能

③1年ごとのCD-R
ここで生データも保存します。心配な方はハードディスクやUSBにも念のため保存したらよいかも。

④紙アルバムの現物
万が一、①〜③が消えてしまった場合も、紙のスキャンをすればデータも復活します。
(そこまでやるか・・・という感じもしますが)

アルバムの様子はこんな感じになります。
写真 1-3

いつも、写真1枚がなんだか大きいな〜と思っていたので、
小さくても、スクエアタイプでも十分なこのサイズ感が気に入っています。

現像して何度も見るから価値が出る、家族の写真

今までは携帯に保存出来て、いざという時にみるためのもの、と思っていましたが
やっぱり写真はアナログで保存したい。
デジタルのフォトフレームもいいけれど、私はやっぱり紙のアルバムを一緒に開いてみるのがいい。

そして、タイトルは【年.●月〜●月】、
サブタイトルには、その期間の主なイベントや旅先をメモ書きで羅列しています。

面倒なので育児日記などは続かないのですが、
寝返り記念日や何かの記念日はこのメモに入れて、覚えておきたいなと思います。

ちなみに、娘の寝返り記念日は5月4日。
昨日の5月12日は、下の歯が見つかった記念日です。

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です