赤ちゃんの手作りおもちゃ 粉ミルク缶で飛び出すぬいぐるみ

なんちゃって手作り・ハンドメイドブログをば。
子育てが始まってから急に手縫いや手編みを少しやるようになり
雨の日に一気につくってみたりしています。

産まれてすぐの頃に買った
粉ミルク缶をようやく使い切ったのでその空き缶と、
お祝いやコンラッドでもらった人形たち、それからフェルトを買い足して
引っ張ったらどんどん出てくるおもちゃをつくりました。

写真 1-5

つくりかたは以下の通り。

①粉ミルク缶の底と、側面を、裏面通しをあわせて縫い合わせる
②ひっくり返し、空き缶の入り口側を2センチほど折り返し、一周ぐるっと縫う
③2センチ幅の中にゴムを通し、赤ちゃんの手&ぬいぐるみが出やすい程度で結ぶ
④フェルトを缶にかぶせる
⑤中身にするヒモに、ぬいぐるみやハギレなどを縫い付ける
⑥ヒモと、ゴムをほどきやすいように軽く結ぶ

※フェルトは、正方形のサイズだと足りないので
 100均ダイソーで大きいものが買えます

※ぬいぐるいは口に入るので、洗えるように⑥は軽く結び
 取り外し&洗濯が出来るようにしています

※ヒモがあまり細かったり、モノ同士の間が長いと
 体に巻き付いてしまいそうなので、
 それぞれの感覚は狭くしてつくりました

今回、赤ちゃんが喜ぶ要素として入れたのは以下。

・お米が入ってシャカシャカするお手玉
・ビニールのレジ袋が入ってがしゃがしゃする袋
・カラフルなフェルトの旗
・口に入れても大丈夫な素材のぬいぐるみ

まだ、おすわりは出来ないので
どんどん引っぱり続けることはできませんが、

写真 4-4

ぐいっと引っ張ると中から次々と出てくることに気づいて
ちょっと楽しそうな感じでした。

写真 2-6

写真 3-3

今回は余っていたぬいぐるみやハギレで即席で作りましたが
鈴とか、フエとか、音が鳴る仕掛けも入れられたら
もっと気に入りそうだなと。

そして、自分でもびっくりながら
昔、仕事に当てていたエネルギーをこちらにそそぎ
布絵本という一大プロジェクトに取り組み始めています。

なんちゃってハンドメイドブログ、また更新できるように
心折れずにがんばりたいとおもいます。

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です