紫陽花「てまりてまり」育て方と挿し木の方法

以前記事にした、紫陽花の「てまりてまり」を挿し木しました。
挿し木なんて、人生で初めてです。
せっかくなので、旬真っ盛りのあじさいの育て方と
てまりてまりの挿し木の方法をメモしておきます。

参考にしたのはこのサイト。

ちょっといただいた茎の箇所が良くないかもなので
失敗するかもしれませんが、
おうち時間が長い今ならがんばれそう。

紫陽花「てまりてまり」の育て方とふやしかた

①戸外の半日陰か明るい室内で

紫陽花は日当りを好みますが、直射日光の下では花が早く色あせます。
冬は風が直接あたらない玄関などに置くとよい。
鉢植えのサイズは、小さければ15センチからはじめ、
花が終わったら大きいサイズに植え替えてあげるとよい。

②水やりは、土の表面が少し乾いたらたっぷり株もとに

特に鉢植えの場合、乾きやすいので特に開花中は水切れに注意する。
ただし、水はけも必要なので根腐れに注意する。

③肥料は基本月1回+芽が出る頃と花が咲いた後に

固形肥料は基本月1。液体肥料の場合は週1。

④剪定は7月中に。植え替えもこの時期に

花が終わったらすぐに、花から2節ほど下の部分で切り戻し。

紫陽花は、2年ごとに花が咲きます。
今年咲いた花の茎は切り落とし、花が咲かなかった茎は残しておきます。

鉢植えの場合は、一回り大きな鉢に、剪定と同時に植え替えるようにします。

⑤気をつける害虫は「アブラムシ」「ハダニ」「うどんこ病」

5月頃から虫が出始めます。
すべて、殺虫剤スプレーで退治します。

⑥挿し木であじさいを増やそう

6月上旬頃で、花のついていない枝を2節程度切ります。
下の葉を取り、上の葉は2分の1に切ったものを土もしくは水にさしておきます。

水につけておくと、発根はわかりやすいものの少し弱くなるそうです。

挿し木の丁寧な説明はこちらを参考にしました。

今回私のは、芽が出ている節がなかったので

こんな感じで工夫しましたが、果たして芽は出るでしょうか・・・。


  
頂いたのは3本。どれも脇芽がなさそうだったので、とりあえず今回は全部の節を挿してみました。

 これから、朝晩水やりをしながら、掘り返さずに見守りたいと思います。

1ヶ月後が楽しみ。

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です