ベランダハーブ バジルの育て方

まずはバジルから。

21170004_5d71b9ee41
photo credit: Herbs: Basil via photopin (license)

バジルの概要

一年草。
春にタネをまいたら、夏頃から花を咲かせて、
晩秋の霜が降りる頃に枯れます。

バジルの用途

・ハーブとして生や乾燥させた葉を料理の風味付けに使える

バジルの育て方

・日当りを好み、乾燥に弱いので水をたっぷり与える
・液体肥料を1週間に1回
・20cmぐらいまで育ったら、芽先を摘んで脇芽を伸ばす
・脇芽が伸びてきたらその脇芽の芽先を摘む=『摘心』
・摘心を3~4回繰り返すと、枝の数が増えてたくさん収穫出来るようになる

スクリーンショット 2015-06-11 23.06.11

画像は以下のサイトよりいただきました。
参考になります。

※花が咲いてしまうと葉が固くなるので、
花が咲く前に摘心するようにします。

バジルの増やし方

・芽先を葉が4、5枚になるように摘み、湿らした赤玉土に挿す
・根がでるまで乾かさないようにして、明るい日陰で根を張るまで待つ。

冬に室内や温室で育てると枯れたりせずそのまま生育するので
夏がすぎたら挿し木してもいいかもしれません。
が、味が落ちることがあるそうなので、毎年春に育て始めるのがよいとのこと。

バジルは元気によく育つので、
たっぷり収穫して、バジルペーストを作っておくのがよさそうです。

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です