ひいおばあちゃまの、てづくりお手玉

まだまだ元気な、わたしのおばあちゃまが
先日遊びににいったとき、
娘に、お手玉を作ってくれていました。

DSC_0452

生地は、着物のきれがあったそうで
色とりどりの、可愛い柄のお手玉がたくさん!

実家にも少し置いてきて
こちらの家にも持ってきて、毎日早速遊んでいます。

最近は、モノを投げられるようになったので
お手玉をくるっと投げては拾い、
投げては拾いをずーっと繰り返しています。笑

***

産まれたときは、
退院日に着る真っ白なおくるみを編んでくれ、

夏になれば、
暑いだろうからと、
ちょっと羽織る浴衣?甚平?みたいなものを縫ってくれ、

遊びにいくとなると
お手玉を作ってくれ、

来年の夏には、浴衣を縫ってくれるんだそう。

おばあちゃんの
孫たちはだいぶ大きくなってしまい、
ひ孫は初めてなので、
なんだか遊びにいくごとに
また若返って元気になっていくような気がします。

出来るだけ、帰省するときは
顔を出して、楽しい話をたくさん聞きたいと思うのです。

このお手玉も、ずっと、大切にします。

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。