ホームベーカリーと野田琺瑯でつくる、手作りちぎりパン

実家から持ってきた、ホームベーカリー。
しばらくずっと使っていなかったのですが、
今はもう販売していない、
ふる〜いもの。
(ナショナル時代・・・)

今、目下キッチン収納の見直しによる
ストック断捨離によって
強力粉を使い切りたく、
娘にも材料がわかる安心なパンをと思い
久しぶりにパンを焼くことに。

***

参考にしたのは、
ホームベーカリーの付属のレシピ。

ちょうど、琺瑯がオーブンに使えるので
パン型として使ってみました。

この分量で作ったところ
ちょうどよさそうでしたが、
今度はミルクパンやコーンパンなど
色々とアレンジもしてみたいと思います。

ホームベーカリーで1次発酵し、オーブンで焼くちぎりパン

◎材料
強力粉 280g
バター 30g
砂糖 大さじ3
塩 小さじ1
卵 1個
水 180CC
ドライイースト 小さじ1

◎つくりかた
作り方は、ほぼホームベーカリー任せですが・・・

 ①全ての材料を投入
 ②「生地づくり」ボタンで、1次発酵まで(約90分)
 ③生地をだして、15等分にまるめる
 ④ぬれふきんをかけて、常温で30分2次発酵
 ⑤綺麗にまるく整え、琺瑯につめこみ10分ほど寝かす
  ※このとき、オーブンを予熱開始
 ⑥オーブンを180℃に予熱し、25〜30分焼く
 ⑦焼け具合をみて、焼き時間を調整する

混ぜて、こねて、まとめるところまで
ベーカリーさんがやってくれるので
私は成形するだけで、らくちん。

IMG_4961

ちょうど手づかみしたいお年頃な娘も
ものすごい量食べていてびっくり。

IMG_4962

毎日フル活用の
野田琺瑯で焼きました。

ちょっと・・・というか
かなり形がいびつなのは、
夕方帰宅してから作っていたら
娘がご機嫌ななめで焦って作ったから。

なんて、子どもを言い訳にするのは
よくないよくない。

***

常備菜に、
調理中の下ごしらえパットに、
手みやげのちょっとしたおやつ入れに、
オーブンの焼き型にと、
常に冷蔵庫か食洗機とフル稼働な野田琺瑯。

このマットな白、大好きです。
これは、レクタングル浅型のSです。

本当は、深型で、もうすこし発酵させて
ぷくぷくにふくらむ感じがあこがれだったけれど
取り急ぎはこれでも十分。

***

ちなみに、お砂糖は白砂糖ではなくて
てんさい糖
を使っています。

白いお砂糖は精製されすぎて
本来のミネラルやら栄養分が抜き取られているんだそう。

白いお砂糖は体を冷やし、
茶色いお砂糖は体をあたためます。

普通の、コープで買えるてんさい糖は
オリゴ糖入りなので
我が家の煮ものも、飲み物のお砂糖も
全部、これに変えています。

そういえば、昔実家のお砂糖も
茶色いお砂糖だったな〜と、
ふと思い出しました。

特にケーキなんかのお菓子づくりには、
真っ白のお砂糖がいかにも、という味になるらしく
生クリームやらスポンジケーキやらは
グラニュー糖を使っていたときもありましたが
基本はてんさい糖や、きび砂糖だったはず。

そうそう、白いものは体を冷やし、
色が濃いものは体をあたためるものが多いのです。

===========================
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

子育てや暮らしに関するちょっとしたことを
不定期で更新していきますので
また読みに来ていただけたら幸いです^^

▼ランキングに参加しています▼
外部のランキングサイトに飛びます。
1日1クリックまで、応援頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

===========================

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です