てづくりレモンシロップ こどもも飲める美味しい自家製ジュース

ずっとやってみたかった、ちょっと「ていねいなくらし」な感じの家しごと。

昔から、実家ではこの時期になると梅シロップや梅酒をつけ始めていましたが、

これまでは私はそこまで梅シロップが好きなわけでもなく、

ふーん、というぐらいの反応をしていました。

ですが、最近てづくりをしたり食べ物を選ぶようになってからは

なるべく、人工的な甘さや味つけよりも

自然な味を好むようになってきたので、

冷蔵庫のなかにも、ほとんど、ジュースは常備されていないのです。

そんな中、国産のおいしいレモンが手に入ったので

ちょっとだけ、まずはレモンシロップを作ってみることに。

img_4831

皮ごとでも使える国産の農薬を使わないレモンですが、

苦みが気になるかもしれないと思い、念のため皮をむいてみました。

レモン2個と、氷砂糖を同じぐらいの量、

重なるように入れていきます。

img_4832

2個だけだとだいぶ量は少なく、これしかできませんでしたが、

img_4847

それでも次の日、そして3日ほどたつと

シロップがじわ~っと出てきて甘くておいしいレモンシロップができあがり。

シロップが出切ってからは、冷蔵庫に入れて保管しています。

スプーン1,2、杯のシロップと氷とお水。

炭酸水で割ってもおいしいと思いますが、私はもっぱらお水です。

疲れたカラダに、ビタミンがすぅ~っと入っていく感じ。

手づくりということで、人工な味が一切しない、自然な甘さが美味しいのです。

img_4849

我が家の夏の定番はこのシロップになりそう。

これから梅の季節もあり、

いちごも季節の終わりかけ。

値段もお安くなって、シロップを作るにはちょうどいい時期が始まります。

少しずつ、色々なフルーツのシロップをつくっておいて

毎日のちょっとした楽しみを増やしていきたいな~と思います。

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。