幼稚園から持ち帰る作品たちはどうする?制作グッズの収納ルール

娘2人が毎日幼稚園から持って帰るのは

可愛い渾身の制作物。

糸電話、ペットボトルの工作、折り紙たち。

毎日恐るべき勢いで増え続けるこれらの作品は

以下のルールで収納・整理しています。

・折り紙:折り紙BOX

・お手紙:力作は現物保管

・THE作品:作品カゴへ放り込み収納

お手紙は写真を撮り、

ボックスからあふれた分は処分。

立体作品や遊べそうなものは、

基本は写真を撮ったうえでこのかごに放り込み収納。

部屋に残すのはここに入るだけいれて、

リビングで遊び倒してもらいます。

だいたいすぐ壊れるのでw、

壊れたらようやく天寿を全うとなります。

本棚横のボックスに入れて常にここ。

赤ちゃんの頃からずっと使っているカゴです。

おもちゃ入れやスキンケアグッズを入れてリビングに置いたり

ある時はタオル入れになったりと

用途を選ばないカゴはずっと長く愛用したい思いの詰まったモノ。

プラごみを極力出さないように、

ずっと使い続けて味が出るようなものを使いたいなと思います。

お盆最終日は、断捨離ならぬ盆捨離ごとく

使わなくなったキャンプ用品やこどもの靴などを

メルカリに出品していましたw

使えるものは、タイミングが合えばまわりに譲りながらも

思い当たる人がいないものはメルカリが断然早いし楽です。

(玄関まで取りに来てくれるところが一番助かる…)

出来るだけ物は減らしつつもやっぱり暮らすうえで物は増えてくる。

だからせめて、安かろう、悪かろうではなく

だれか次の人に渡せる・譲れるもの、という基準でも

ものを選ぶようになってきました。

▼良かったらFacebookいいね!をお願いします▼

更新情報がFacebookでお知らせできます^^

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。