メイクポーチはひとつだけ。自宅でも、旅先でも使い回せるものを使う。

メイクポーチ、もうすぐ30年生きてきたなかで
中学生ぐらいから、数えきれないぐらい買ってはぼろぼろにし、
あるときはなくし(笑)、
買い替えて・・・

そのときの趣味や気分によって、一緒に過ごしてきてくれたポーチたちも
だいぶたくさんになった気がします。

そんななか、ついに、私のポーチはずっとこれかな〜と思えるものはこれです。

img_7419

shu uemuraのメイクポーチ。

1年ほど前頃に、メイク用品を買ったときのおまけ。
確か、ファンデーション一式のセットを買ったときだったかな?

中に、小さなポーチもついてましたが、使い道がなさそうだったので、それはさようならしていました。

これのいいところは、

・サイズ(洗面台の鏡の中の棚の幅にぴったり!)
・取っ手(ぱっと片手で持ち運べる!)
・チャックが出来る(きちんとフタが閉じる!)
・マチがある(なので結構入る!)

そして、何よりシンプル。

普段は、こんな風に、紙コップを中に3つ仕込んで
それを仕切りとして、ペンタイプのコスメやブラシ、ヘアピンなどを入れて
空いたスペースに、ファンデーションなどのコンパクトのものが入っています。

紙コップなので、汚れても気軽に取り替えられて、衛生的。
私は、旅行に行くときに、自宅で紙コップをすべて外して中身だけをポーチに入れます。

そして、自宅に帰ってきてすぐ、洗濯物一式を洗うタイミングで、
新しい紙コップに中身をうつしてポーチを丸ごと洗います。

コットンの生地なので、丸洗いが気軽に出来て、
黒なので汚れが目立たないのも嬉しい。

チャックを閉めても開けたままでも、片手で運んでも中身が飛び出ない!

これはお金を出して買ったものではなくて
ノベルティだったと思うのですが、全ての面でお気に入りとなる条件を満たしていて、
きっと、この先、よっぽどのものがなければ買い替えしなそうだな〜と思います。

ちょっと、見た目がごちゃごちゃしているので
だんだんと、使い切ったアイテムから、シンプルなものや、ペンタイプなどのものに
買い替えていこうかなと思っています。

まだ、家にあるいくつかのメイクポーチたちは、
きっと、娘たちの何かおもちゃや身の回りのものを入れるために使われていくのかな〜

とおもうと、なかなか手放せずにとっておこうかな、と思ってしまうのです。

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です