Googleフォト発表 Google+写真との違いと今後の使い方を調べてみた

Googleフォトのサービスが発表されました。

all-three-v4
今まで、こちらの記事で書いてきたように

子供の写真保存・整理術〜フォトブック・Google+を活用して赤ちゃん写真を完璧に残す方法
子どもの写真保存と整理を仕組み化する方法

Google+の写真を使っていた我が家としては
何が変わるのか知っておかねばと思い、調べてみました。

GoogleフォトとGoogle+写真 違いは共有の有無程度?

Google+ アカウントがなくても Google フォト アプリを使用できます。
Google アカウントを持たないユーザーも含め、あらゆるユーザーと写真や動画を共有できます。
写真や動画の表示、編集、共有には、今後 Google+ アプリでは

なく Google フォト アプリを使用します。

Googleのページでは、このように記述がありました。

一番の違いは、
SNSサービスが主軸だったGoogle+での「共有」がなくなったことかと。
なので、Googleアカウントさえあれば、
誰でもGoogleフォトが使えます。

我が家も、もともとはGoogle+は一切やっていなかったので
特に問題はありませんが、
SNSアカウントを新しく作るのは何となく・・・という人には嬉しいサービスですね。

今までGoogle+フォトで管理していた写真や動画は
今後はGoogleフォトアプリで管理することになります。
我が家は、自動的に、Googleドライブにすでに写真が移動していました。

349

容量無制限対象の写真のアップロードサイズがより大きくなった

容量無制限の対象となるのが以下のように変更。
<Google+フォト>
・最大2048×2048ピクセル(最大400万画素)
・長辺が2048ピクセルを超えると自動的にリサイズがかかる仕組み

<Google フォト>
・1600万画素までの写真が保存できる  ☆約4倍!
・動画がフルHD(1920×1080)まで

通常、iphoneで撮影した写真はそこまで画質にこだわらないと、
私も随時フォトブックにまとめていますが
通常の写真サイズほどなら全然画質は問題ないです。

いろいろと、遊べる機能もあるGoogleフォト

傾向の似ている写真などをまとめてアニメーションを作成してくれる機能や
写真の編集機能もしっかり備わってます。

明るさや色、光りの加減などの調整ももちろん、自動補正機能も用意。
ほかにも14種類のアートフィルターや、トリミングなどの編集も出来る。

では、Googleフォトの懸念は?

これは、Google+でも発生しますが、
Googleアカウントを停止されてしまったらすべてが吹っ飛びます・・・。

自分の子どもをお風呂に入れている写真が
Googleポリシーに引っかかって停止された、ということがあったらしい。

これは困るので、我が家は念のため
毎年1枚ずつCDにもデータを焼いてハードでも保存しておくことと、
アルバム作成時に、Googleフォトから
ローカルに写真データをまとめてDLしておくことで一応保険をかけてます。

今時点で一番、お金がかからず端末やサービスに依存しない形として
Googleフォトが良さそう。
引き続き、使い続けたいとおもいます。

===========================
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

子育てや暮らしに関するちょっとしたことを
不定期で更新していきますので
また読みに来ていただけたら幸いです^^

▼Feedly・Facebookで登録されると、更新通知をお届けします▼
follow us in feedly Follow Us on Facebook

▼ランキングに参加しています▼
外部のランキングサイトに飛びます。
1日1クリックまで、応援頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
 

===========================

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です