北欧旅行ログ⑧ロヴァニエミの隠れたみどころ、絶対行くべし「ラヌア動物園」

今回の北欧旅行、行ってよかったスポットが目白押しでしたが
その中でも、過去最高に楽しかった動物園。

ラヌア動物園

ここは、ロヴァニエミに来たら
是非足を伸ばしていってみていただきたいところ!

といっても、なかなかガイドブックには
載っておらず、情報がいまいち少ないです・・・。

ラヌア動物園の行き方・アクセス

ロヴァニエミの、鉄道駅と街中の途中の場所に
長距離専門のバスターミナルがあります。

こんなところです。

IMG_4566

そこから、本数は少ないのですが
6番のバス停から、小さめの長距離バスが出ています。

IMG_4563

※私たちは、9:30のバスに乗り、14:43のバスで帰ってきました

チケットは、バスの運転手さんから買えます。
今回、北欧旅行では、バスは全て運転手さんから買いました。

クレジットカードがどこでも使えて
バスもまた然り、なのでとっても便利。

いちいち、小さいお金を持ち歩かず
計算もしなくてよいので助かりました!

ラヌア動物園に行きたい、と言えば
バス停で教えてくれます。

1時間すこし走った1つ目のバス停ですが、大抵誰かは降ります。
動物園ぽいのが見えてくるので、
降りる場所もわかりやすいです。

北極圏の動物たちを集めた、森の中のラヌア動物園

もう、ここがものすごくよかった!!

IMG_4571

本来、動物たちが生活している環境のまま
森の中に柵をうまく入れこんでいるつくり。

DSC_0287

人間たちのほうが、お邪魔させていただくような園内で
動物たちのお部屋もとっても広く、
ストレスフリーで暮らしている様子の動物園。

もう、これを見たあとは
日本のぎゅうぎゅうな動物園はかわいそうすぎて行けないぐらい。

ここも、雪があったらさらに北極な感じで
雰囲気があるんだろうな〜。

動物たちのラインナップも、
北極ぐまに北極キツネ、白フクロウ、
トナカイにオオカミ、北極ぽい鹿など
日本では珍しい、現地の動物たちがいっぱい。

DSC_0282

ちょっと写真だとわかりづらいですが、
オオカミのゾーンはこの囲いの草原いっぱいに、2頭ぐらい。

DSC_0293

とにかく、広くて気持ちよさそうなんです。

DSC_0328

一番の目玉、北極ぐま。
奥の1頭は、出産待ちのため外にはいませんでした。

IMG_4582

目の前で自由に泳ぐ北極ぐまはなかなかの迫力でしたが、
それにしても、後ろのバックパネルは
日本の銭湯の富士山にしか見えないのは気のせい・・・笑

とにかく、森の中を2キロほどの園内は、
ゆっくり歩いて1.5時間ほど。

こどもがいたらもっと時間が必要かも。

ちなみに、入り口付近には、北欧の大手お菓子メーカー
ファッツェル(Fazer)のショップもあり、
街中で買うよりもとーっても安く買えるので
お土産用には、ここで買うのもおすすめ。

DSC_0344

園内は再入場も可能、
お土産もたくさんあり、
割高だけれど傘も、ポンチョも売っています。

ブッフェも地味に美味しくてレストランも広く、
お手洗いもとっても綺麗。

私たちは、1周目は娘が爆睡していましたが
ごはんを食べて元気になって起きたので、
2周目もすこしだけ、3人で見に行きました。

大自然の動物園、夏はカート、冬はそりを
入り口近くで貸してもらえるので
こどもはそりに入れて引っ張ってもよいかも。
(坂道が多いので要注意ですが)

ラヌア動物園、北欧ならではのスポットなのに
すこし遠いからか、本に載っていないのがもったいない!

ここも、いつかまた行きたい隠れたみどころでした。

===========================
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

子育てや暮らしに関するちょっとしたことを
不定期で更新していきますので
また読みに来ていただけたら幸いです^^

▼Feedly・Facebookで登録されると、更新通知をお届けします▼
follow us in feedly Follow Us on Facebook

▼ランキングに参加しています▼
外部のランキングサイトに飛びます。
1日1クリックまで、応援頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

===========================

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です