毎日飲むお茶の定番2種。からだをあたためる、ルイボスティーと黒豆茶

妊娠&出産&授乳と、食べるもの飲むものにすこし気をつけるようになってからは
カフェインフリーのものに自然と意識がいきます。

それから、体を冷やすもの、体をあたためるもの、と
原料によって食べ物や飲み物の効果があることを考えるようになって
今まで何も考えずにとっていたものを見直す機会にもなりました。

カフェインレスの飲み物として定番の、麦茶。
こどもも飲めるものですが、麦茶の大麦は体を冷やすもの。

なので、あたたかくして飲むか、飲むのは夏にして
体を冷やす効果をうまく利用するか、ということになるのです。

そうすると、冬に飲みたいのはこの2種類。

冬に飲みたい、ルイボスティーと、黒豆茶。

どちらも、まず、味がとても美味しくて好みなので
麦茶がなくてもごくごく飲めます。

ルイボスティーは美容やダイエットにもいいし、
黒豆茶は体をあたためる効果があります。

一般的に、色が濃いものは体をあたためるといいます。

参考までに、体を冷やすといわれる飲み物は以下など。

・コーヒー、ジュース類:暖かい地域で育った果物だから
・緑茶、ウーロン茶:不発酵茶だから
・牛乳、豆乳、水、ビールなど

育った地域の気候に合って体調を整える働きをする飲み物たち。
なので、やっぱり、自分の住む土地にあったものをいただくのがいい
ということのようです。

マグカップで飲むのにぴったりな、1杯分のルイボス・黒豆茶のティーバッグ

我が家で毎日飲んでいるのは、
以前もすこし記事にした、黒豆茶と、最近加わった、ルイボスティー。

ルイボスティーは、こどもの頃、実家で麦茶ではなく
ルイボスティーをずっと飲んでいた記憶があります。

何だかんだ、思い出してみると、昔、母が選んでいたモノや食べ物、習慣などは
何かしら健康によいとかの理由があるんだな〜と、今更しみじみありがたくおもいます。

この2種類のお茶は、それぞれ1包の量が少なくて
マグカップで1杯+おかわり分ぐらいを淹れるのにちょうどいいのです。

100包とたくさん入って1000円という安さ。
1杯10円なので、毎日飲んでいます。

夫も、この2種類のお茶は好きなようで
毎晩ちょっとしぶいですが笑、どちらかのお茶を飲みながら色々話しています。

■ルイボスティーはこれ

■黒豆茶はこれ

両方とも、チャーミークリアの透明の保存瓶にぴったり100包おさまるので、
フタにラベルを貼って、飲み物カゴに常備しています。

私はL1のサイズを使っています。

■保存瓶のおすすめの記事です
キッチン調味料・乾物保存におすすめのガラス瓶。チャーミークリアがとてもよい

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です