こどものおやつに蒸しパンもせいろなら楽チン。せいろ蒸しをラクにしてくれるシンプルなタイマー

1歳1ヶ月をすぎ、よちよちながらももうハイハイすることもなくどこまでも歩いていく娘。

歩く量、運動する量が増えるにつれて、食事の量もどんどん増えていき、
3食きちんと、こども茶碗いっぱいと、おかずもそこそこちゃんと食べるようになりました。

そして最近は、3時(ときどき10時も)のおやつが必須になってきて、母としては嬉しい一方でもはや1日4食という状況に。

となると、丁寧に献立を考えて煮込み料理して炒め物して焼いて、、、などと考えている暇はありません、笑

最近は料理も楽しくなってきてはいますが、
いまだに、夕方の「おなかすいた、遊んでくれ」攻撃がすごいので
やっぱり、夜ごはんは火にかければ勝手に美味しく出来上がってくれるせいろ蒸しが大活躍です。

そして、今まではiphoneのタイマーを使っていましたが
やっぱりあると便利なキッチンタイマーを購入しました。

無印のキッチンタイマーです。

  

火にかけている時間をはかるものなので、
換気扇にマグネットでくっつくこの場所が一番動線がよいです。

これ、クルクル回せば時間調整が出来るのでとても便利。

せいろ蒸しと、土鍋でごはんを炊くのを一緒に進めると、
いい感じで段取りよくまわって、ちょうどぴったり出来上がるのです。

超簡単、せいろ蒸し定食の段取りはこんな感じ。
この順番にやっていくと全て同時に出来上がります。

①ごはんを火にかける
②ごはんが沸騰するまでの間に、せいろ蒸し用のお湯を隣でわかす
③お湯をわかしている間に、せいろ蒸しの材料とお味噌汁の具を切って、せいろにセット
④ごはんが沸騰してくるので、奥のコンロに移動し、弱火にして8分タイマーをセット、同時にせいろもセット
⑤空いたコンロにみそ汁のだし、具を入れて火をつける
⑥煮えるまでの間に、シンクやまな板を片付けてカトラリーをセット
⑦さらにタイマーを7分スタート、ごはんの火をとめて蒸らす
⑧味噌をとく
⑨娘をテーブルに座らせ、エプロンなど食事の準備をする

これでちょうどごはんの蒸らし10分ほどが終わるので、いい感じに出来上がっています。
①〜⑨の間は、娘が絵本を持ってやってくるので、都度中断して絵本を読みます笑

普通の献立だと、コンロにずっと立っていないといけないので、
放っておけるせいろは本当〜に子育ての便利グッズですね。

そしてせいろと言えば、蒸しパン!

おやつといっても、あまりお菓子類はあげたくないので
おにぎりや焼き芋、果物などの普通のものをあげています。

蒸しパンなら、柔らかいし色々な野菜や果物、レーズンなんかも練り込めるので
レパートリーも広がって、何より美味しくてこどもも喜んで食べています。

せいろだから、本当〜にほかほかで、パカっと割れ目も出来て、いい感じ。

  

ちなみに、私がつくるときの蒸しパンのレシピはこれです。

分量はちょうどこの写真の分、大小2個ずつぐらいの量ができあがります。

○材料
 ・小麦粉 200g
 ・ベーキングパウダー(アルミフリー) 大3
 ・牛乳 200ml
 ・てんさい糖 大さじ8 
 ・塩 ひとつまみ
 ・なたね油 ひとまわし
 ・お好みの具 適量

○つくりかた
 ①牛乳をレンジでチンし、ぬるくあたためる
 ②てんさい糖、塩を①に入れて混ぜて溶かす
 ③小麦粉、ベーキングパウダーに②を入れて混ぜる
 ④なたね油をまわし入れ、おこのみの具を入れる
 ⑤型か、クッキングシートに流し込み、沸騰したせいろにセットして強火で15分

私は、よくつくるのはレーズンやさつまいも、きなこなどを入れてつくります。

今日ははじめて、おやつ用に干し芋を買ってみました。

しぶいおやつばかりですが、丈夫なからだに育ちますように。

▶︎▶︎▶︎こどものごはんに関する記事はこちらから
▶︎▶︎▶︎キッチンツールに関する記事はこちらから

興味がある方はこちらのブログもどうぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です